ジュラシックツリーの育て方は?販売してる場所と価格を知りたい!

  • 2018年3月8日
  • 2019年1月30日
  • 樹木

世界最古の植物であり、生きた化石と言われるジュラシックツリーは、20世紀最大の発見として注目されました。(゚∀゚) ♪

ディズニーランドにはジュラシックツリーが植えてあるそうですよ!
僕もジュラシックツリー欲しいです♪(´ε` )

今回はジュラシックツリーとはどんな植物なのか?育て方販売してる場所と価格を調べてみようと思います。

ジュラシックツリーってどんな植物?

By: Wendy Cutler

 

ナンヨウスギ科、ウォレミア属 常緑針葉樹 樹高 35m〜40m

学名 Wollemia nobilis(ウォレミア・ノビリス)

英名 Wollemi Pine(ウォレマイ ・パイン)

別名 ジュラシックツリー (Jurassic Tree)日本国内での名前

原産地 オーストラリア(ウォレマイ国立公園)

By: John Tann
特徴
・枝に葉が2列に並んで垂れ下がる。

・見た目はシダの葉のように見えます。

・冬芽は先端がピンク色の樹脂で覆われる。

・樹皮は泡立ったチョコレートみたい。

ジュラシックツリーの発見

By: Eden, Janine and Jim

生きた化石と言われるジュラシックツリーの正式名称は
ウォレマイパインといいます。

化石でしか残っていないと考えられていた植物が、1994年、オーストラリアのウォレマイ国立公園内にある渓谷で発見され、ナンヨウスギ科の新属新種として分類されました。

それまで現存する最古の植物として、メタセコイアが(約6000万年前〜)知られていましたが、ウォレマイパインはそれを遥かに上回る、

約1億5千万年前〜2億年前の現存する最古の植物の発見となりました。
ちなみに2億年前、約1億5千万年前というのは恐竜の生きていた中生代、ジュラ紀、白亜紀です。

恐竜を見てみたい僕にとっては、目が輝いてしまいます♪(´ε` )
ロエトサウルスなんかはウォレマイパインを
食べていたのかもしれません^ – ^

生きた化石

生きた化石の条件とは

 

・ かつては非常に大きな個体数を誇っていたが、今では少数しか生き残っ ていないもの。

・ かつては広い範囲に分布していたが、今では狭い地域に限定されて生き残っているもの。

・ 太古からその姿や特徴がほとんど変化せずに生き残っているもの。

・ かつては同じ分類群に多くの近縁種が存在していたが、今では少数または単一の近縁種しか生き残っていないもの

・ かつてある生活環境に適応していた形質を、取り残された新しい生活環境でも保持しているもの。

wikipediaより

となっています。

生きた化石といわれるウォレマイパインは、国立公園内の限られた狭い場所に、発見当初わずか100本程度しか自生していませんでした。
樹齢は500〜1000年ぐらいのものだったようです。

こんなに文明の発達した世界なのに、国立公園の中で新種が見つかるなんて、

もっとマジメに地球の歩き方を考えないといけませんね笑

ジュラシックツリーの育て方

置き場所
強い直射日光を嫌います。室内、戸外で栽培可能となっていますが、樹木なので基本的には、戸外の風通しがいい明るい日陰がいいです。

木陰で木漏れ日があたるような場所ですね ^ – ^

-5℃〜45℃の環境に適応して自生地で生育しているので、
耐寒性、耐暑性は強いですが、夏の直射日光と高温多湿を最も嫌います。
季節ごとに栽培環境を観察するといいですね。

 

水やり
過湿を非常に嫌うため、鉢栽培にした方が管理がやさしいと思います。
特に、梅雨から高温多湿な時期は注意します。

乾燥気味を好みます。表面の土が乾いてから2日ほど待って水やりをするぐらいがいいと思います。

 

剪定
冬の休眠期に行い、3分の1程度の高さに切り詰めることができます。

切り口のすぐ下から新芽が出てきます。

 

植え替え

ジュラシックツリーの生育環境は、乾燥気味の肥沃な土で、弱酸性です。なので、用土ピートモス主体で、パーライト赤玉土を配合して水はけを良くします。
根はあまり強くないので、強く切り詰める事は避けたほうが良いでしょう。

 

肥料

通常、チッソ(N ):リン酸 (P) : カリ(K)のバランスの取れた肥料が市販されていますが、

ジュラシックツリーは、リン酸肥料を嫌います。
観葉植物用などのリン酸が少なく、チッソを主体とした肥料を月に1回程度あげます。

新種の植物の為、そこまで育て方が確立されていないというのもあり、
育てながら自分の育て方や用土を考えてみるのも楽しいですね♪( ´▽`)

販売してる場所と価格は?

まず、2018年3月現在、園芸店などでは全く販売されていません。
そして、ウェブサイトでも売っていた形跡はありますが、どこも売り切れ。
再販の予定なし。

ほとんど諦めていたんですが、販売しているサイトを最近見つけました!

 plants shop amiamieAustralia

現地、オーストラリアから珍しい植物を販売しているお店です。

「ジュラシックツリー/ウォレマイパイン販売開始(2016年)」

価格は1mの苗木で、ビビりますよ!!(๑˃̵ᴗ˂̵)

      約10万円!!!!!!!!!!!!!!

本物である事の証明書がちゃんと付いてくるそうです。

僕もいつかは手に入れたい植物、Best 1位です♪(´ε` )

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!