おしゃれにできた!?冬の寄せ植えをプランターでやってみた!

  • 2019年2月6日
  • 2019年2月6日
  • 草花

冬は花や緑が少なくなる寂しい季節ですが、寄せ植えが1つあるだけで
玄関とか庭とかベランダが、ちょっとおしゃれに見えてくる♪(´ε` )
今回は、寄せ植え初心者の僕が冬の寄せ植えプランターでやってみたので
紹介しようと思います。

広告

まずは、プランターを。

寄せ植え用にプランターを用意します。いちごを栽培していました。
このプランターは自分で作りました。はじめてのDIYですが、意外としっかり
作る事ができたやつです(゚∀゚)

 

幅が60cm、深さ25cmぐらいのプランターになります。

 

プランター選びは意外と重要
寄せ植えの出来上がりを左右すると言っても過言ではない

自分の好きな雰囲気のものを選べば、植物と一緒になることによって相乗効果が期待できます♪(´ε` )
ガーデンファニチャーというぐらいに、プランターも家具を選ぶ感覚でいくと楽しいいですね。

僕は木製のプランターが好みです。

 

木製のプランターや鉢の弱点は、耐久性ですね。
だから、このプランターには色付きの防腐剤を塗ってあります。

使い始めて2年ぐらいですが、まだまだ使えそうです。

 

あとは、植えるだけです^ – ^

広告

おしゃれか?!冬の寄せ植えの作品たち

 

せっかくなら、すごくおしゃれな寄せ植えを作りたいんですけど・・・。

でもむずかしいです。

僕は初心者なので、どうすればいいのかネットで調べました。

 

寄せ植えのポイントには、

・花の色を同系色にするとまとまる
・色は3色までを基本に。
・背の高いものを後ろ、低いものは前に。
・同じ環境で育つ植物を選ぶ

などなど。

 

 

いちおう、頭の片隅に入れておきますけど、
僕は、好きな植物やその時の気分で選んだ植物を好きなだけ植えたい!

それこそが、自分の寄せ植えスタイルです(゚∀゚)!生意気言ってすみません。

冬の寄せ植え①

初めて、冬の寄せ植えしたやつ。
パンジービオラカレンデュラ、葉牡丹。

とりあえず、気に入った花を買ってきて植えてみました。

シンプルだけど、これだけで明るい気分になるので、よかったです。

テーマ「カラフル」

冬の寄せ植え②

こっちは上記の寄せ植えと同じ日に作ったもの。
左上のシルバーリーフがなんという植物か名前がわからない(๑˃̵ᴗ˂̵)
でも冬らしい植物で好きですね。

右上に、アジュガを植えてあるけど写真じゃわかりにくいですね。
冬のアジュガは、茶色く銅色という感じのシックな色に紅葉する。

いちばん左に植えてあるセダムの色に近い色です。レトロな落ち着きがあって好きな色。

正面には、カルーナブルガリスカレンデュラ。
カレンデュラは花が終わって一休み。

いちばん右には、ヒューケラ(ツボサンゴ)。これは鉢植えにしていたものを入れてみた。

テーマ「シックな冬」

 

2つ並べると、豪華な寄せ植えに見える^ – ^

冬の寄せ植え③ 2019年新作

自分で作ったプランターで冬の寄せ植え。
半分は鉢植えで育てていたもので、残りは買ってきました。

テーマ「プロ風、寄せ植え」

 

・シロタエギク

植木鉢で栽培していたもの。冬の寄せ植え用に育てていたようなものですw
冬らしさを演出してくれる。

・エリカ(セシリフローラ)
植木鉢から。なかなかうまく育たず、いくらか回復した株なんですが、
花は咲いてくれません。春からに期待。

・イベリス
どこにあるか、ほとんどわからない。いちばんデカイ、エリカの足元にあしらってあるんです。
春になれば、花が来る予定。鉢から。

・オスペオステルマム
こちらは、はじめて買ってきた。キク科の花が好きみたいです♪(´ε` )

・チェッカーベリー
赤い実のなる、葉っぱもきれいな植物。
葉の下に赤い実があるんですが、見えませんね〜。
鉢から。

・ガーデンシクラメン
夏にシクラメンが消滅したので、再購入。
今年は夏越しして、次の寄せ植えまで育てるのが目標。

・ヒューケラ
鉢で育てていたやつ。
ヒューケラのようなカラーリーフと呼ばれる植物は、寄せ植えにはもってこい。
隙間をかくしてくれて、他の植物とバランスを取ってくれます。
主役にもなれる逸材。

・プリムラ・ジュリアン
こちらも再購入。夏に消滅。夏越しが難しかった。
プリムラはカラフルな花色で、選ぶのが楽しい花。

・カルーナブルガリス
きれいな紅葉が特徴の樹木です。
赤い紅葉するカルーナブルガリスは以前の寄せ植えで使いましたが、
今回は黄色に紅葉するものを購入。

参考記事 カルーナが枯れる原因は?育て方と種類や色が悪い紅葉についても

 

冬の寄せ植えのその後

冬の寄せ植え①と②の5月。

完全に、暴走しております。

パンジー、カレンデュラは1年草なので、夏には終わりです。自然と枯れていくんです。

 

ここまで来たら、多年草の植物だけを救出して、寄せ植え用に鉢で育てます。

お疲れ様でした。

 

冬の寄せ植えは長く楽しめる!

ほかの季節と違い、ほとんど成長しないので、植えた時のままの姿を春まで
楽しむことができます。

寄せ植えをしながら、少しずつ草花の種類も覚えてきました。
むずかしい事は抜きにして、

とりあえず冬の寄せ植えを楽しんでみる。
そんな感じの冬を過ごしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

広告