五葉松盆栽の植え替え時期はいつ?土の選び方や育て方と肥料についても

  • 2018年3月4日
  • 2019年1月30日
  • 盆栽

五葉松の盆栽は、盆栽の中でもかなり人気のある樹種です。樹齢は200年を超えるものもあります。 風格と繊細さを持ち合わせ、僕のような初心者でも十分に育てることができるナイスな盆栽ですよ(゚∀゚)♪  そこで、五葉松盆栽の育て方植え替え方法などを紹介していきます。

五葉松はどんな樹?

日本原産の山に自生する常緑針葉樹。
マツ科マツ属

樹高 20〜35m
学名 Pinus parviflora
英名 Japanese White Pine

葉が5本で1束になっているので、五葉松の名前が付いています。
黒松や赤松は、2本で1束です ^ – ^

暑さや寒さには強く、かなり丈夫です。

日本三大五葉松

日本三大五葉松に数えられる、この3種類が盆栽では人気の品種になっています。

吾妻五葉松(福島市)

那須五葉松(栃木県那須)

四国五葉松(四国中央市)

僕が育てている五葉松盆栽は那須五葉松です♪(´ε` )
葉の緑色が綺麗で、やわらかい印象が好きですね〜。

五葉松盆栽の育て方

置き場所
風通しのいい、1年を通して日当たり抜群の場所がベストボジションです。
盆栽がいい場所にいるので、僕の洗濯物は部屋干しになっています笑(๑˃̵ᴗ˂̵)

水やり
やや乾き気味がいいとされています。これは、葉を短く保ち、幹肌が荒れて早く古い樹の趣を出すための水やりなんですね。

五葉松盆栽では、短い葉の方が観賞価値が高いため、やや乾き気味に管理します。

でも、盆栽の水やりの基本は、

鉢の表面が乾いたらやる。

これさえしっかり出来れば、問題なく育てられます!(゚∀゚)
大きくしたい五葉松の場合は、基本の水やりで普通にOKです。

肥料
玉肥(たまひ)と言われる、緩効性有機肥料が一番使われます。
鉢の上に置いて、水やりすると少しずつ溶けていきます。

肥料の量は袋に書いてあるはずなので、よく確認しましょう。
玉肥の良いところは、肥料をやり過ぎてもゆっくりしか効かないので、根の負担が少ないことですね。

梅雨どきを除いて、春から秋まで(3月から〜11月)あげます。

・樹形を維持したい五葉松には少なめ

・もっと大きくしたい五葉松には多め

が、基本です。

五葉松盆栽の植え替え時期

植え替え時期は3月中旬〜4月中旬の春がベストシーズンです。(関東地方を基準)
春の植え替えでは、五葉松盆栽の根を深く切り詰めることができます。

樹がこれから成長するので、根を切ってもすぐに回復してくれます。
ダメージを少なく植え替えができるということですね♪( ´▽`)

逆にあまり早い時期(1月とか)に植え替えると、土が凍って根によくありません。

そして春を過ぎてしまうと、成長している根を痛めてしまい、これから
気温もぐんぐん上昇していきます。これも回復が遅れてしまう原因になるので控えます。

こんな感じで基本は春が植え替え時期としてベストなんですが、
五葉松盆栽は夏の終わりにも植え替えることができます。時期は8月の盆の終わり〜9月いっぱいです

夏の暑さで少し成長をおやすみしていた樹が、1年で最後の成長時期を迎えます。これを狙って植え替えれば冬が来る前に、根が回復してくれるので、元気に冬を越せます。

ただ、夏の植え替えでは、春のように根を深く切り詰める事はしないで、
加減してやることがポイントです。

冬になるまでの期間が短いので、回復が追いつかなくなるためです。

五葉松盆栽の植え替えを実際にやってみた!

植え替える土の選び方は?

土の選び方の基本はこの4つがあれば大丈夫です。

・排水性
・保水力
・保肥力
・通気性

僕もはじめて聞いたとき、「なんのこっちゃ?」って感じで、
わかりませんでした^ – ^

ということで、土はこれを選べば間違いありません♪(´ε` )

赤玉土

さっきのすべての条件を満たします。(゚∀゚)笑

僕が使ってる土は、硬質赤玉土といって、普通の赤玉土より固くて
崩れにくく、長い期間通気性を保ってくれます。

値段は普通の赤玉土よりチョイ高いです(๑˃̵ᴗ˂̵)

五葉松盆栽の植え替え方法

今回植え替えをした五葉松盆栽です。那須五葉松。

1本の木の根っこから幹が出てきた、根連なりと言う盆栽樹形です。
何本も寄せ植えしてあるように見えますが、これで1本の同じ木なんですよ。

植物はたくましいですね^ – ^

まず鉢から出します。土に付いた白い物体は共生菌という、いい菌です♪(´ε` )

健康な松の根に付くので、元気の証です。

 

底の部分。かなり根っこが固まってます。これを小さくしていきます。

 

コツコツと根と土をほぐして、根っこを切りました(゚∀゚)

 

 同じ鉢に植え替えるので、鉢底ネットを敷いて、アルミ線をU字に通しておきます。

排水性が良くなるために、赤玉土の大粒を排水穴に入れます。

土の量を多くするために穴の部分だけに置きました。

さっき通しておいたアルミ線で固定します。

最後はたっぷり水やりして、植え替え完了です(゚∀゚) ♪

まとめ

・五葉松盆栽の植え替え時期は、春と夏にできる

・植え替える土は赤玉土を使えば間違いない

・水やりは、鉢の表面が乾いたらやるのが基本

・日当たりと風通しのいい場所で育てる

・肥料を目的に合わせてあげる

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!